• プロジェクトが炎上して費用や時間がかかった割に期待していたようなシステムになっていない
  • 仕様について「言った言わない論争」が発生して開発が進まない
  • 他にもやりたいことがあるのに今のプロジェクトに忙殺されて着手できない
  • ユーザー部門もシステム開発に前向きになってほしい
  • ITベンダーに開発者にもっと意見を出してほしい
  • システム開発をもっと楽しみたい

とお悩みの中小企業の情報システム部門の方へ

情シスはあらゆる部門とつながりがあるので、会社全体を俯瞰し課題を見つけることができます。
見つけた課題を解決できるようにシステム開発・構築・運用を経て日々頑張ってらっしゃることと思います。
しかし、ユーザー部門はITシステムに対して消極的で、ITベンダーは期待するような結果を出してくれないと悩んでいる方は多いですよね。

多くの方は優秀で協力的(そして安価)なITベンダーを見つけてアウトソーシングすることが必要だとお考えです。

ところが、本当に大切なのは、あなた自身が楔(くさび)になることなのです!
システムの構築や運用には、社内・社外問わず多くの人が関わります。
この多種多様な人々をつなぎとめる役割はあなたにしかできません。
あなたが楔(くさび)となり多くの関係者の隙間を埋めて関係を強化する役割を担うことが大切なのです。